淡水真珠

 

アコヤパールや南洋パールが海水生の貝から採集されるのに対し、

淡水生の貝によって生み出される真珠が淡水パールと呼ばれています。

アコヤ真珠等との一番の大きな違いは、母貝内に球状の「核」を挿入しないことです。

ですので真円ではなくライス型やドロップ型など変形の真珠が生み出されます。

しかし最近は養殖技術が向上してアコヤ真珠と見間違えるほど真円で大粒のものも存在し、

色や大きさ、品質は多岐に渡るため安物というイメージから脱却しつつあります。

 

一般的には楕円形のものが多く、ライス・ドロップ・スティック等様々なものがあります。

日本では琵琶湖や霞ヶ浦などで養殖されていますが、多くは中国から輸入されたものです。

 

色味もホワイト系からオレンジ系・ピンク系・パープル系など種類が豊富です。