BACCHAUS

 帆布バック

 

かつてはテントやトラックの幌などの

産業資材として活躍。シンプルで武骨であるその素材感を活かし、バッグなどの素材としても利用される綿帆布。 1950年代のフランスでは自転車による旅行のブームとともに、 防水の帆布に皮革の縁取りをした自転車バッグが数多く生み出されてきました。

この伝統を継承し、2010年より日本の高品質な帆布と皮革での自転車バッグを中心に製作、 その技術をベースに普段使いのトートバッグやショルダーバッグを展開しています。